このプロジェクトは2016年07月24日 23:59に終了しました。

スポーツの力で被災地を応援!「日本プロ野球選手会」×「日本プロサッカー選手会」 熊本地震 被災地支援プロジェクト

熊本を中心とする震災被災地への継続した復興支援活動の大切さと賛同の輪の広がりを願い、「日本プロ野球選手会」と「日本プロサッカー選手会」が競技の枠を超えて共同プロジェクトを立ち上げることになりました。少しでも震災被災地の役に立てればという思いから、チャリティーオークションを開催します。
スポーツの力で被災地を応援! スポーツには人を動かす大きな力があると信じています。

オークション開催スケジュール

facebook twitter

たくさんの方に拡散し、 知ってもらうことも支援になります。

  • 集まっている金額

    26,515,045

  • 残り日数

※「集まっている金額」の数値は目安となります。
キャンセルなどによって変更が生じる場合があります。

日本プロ野球選手会

嶋選手写真

日本プロ野球選手会、会長の嶋基宏です。

熊本を中心とする震災によって亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。
また現地には震災一か月以上を経た今も、不自由で不安な毎日を過ごす皆さんがまだまだたくさんいらっしゃることにプロ野球選手一同、胸を痛めています。
 
そうした方々へ、少しでもお役に立てればと、今回、私たちは初めてプロサッカー選手会と共同でオークションを実施することになりました。
オークションサイトを訪れていただく皆様の復興を願う想いと、選手の想いとが重なり、大きな支援へと繋がることを願ってやみません。
 
そして被災地の方々が、再びスポーツを楽しめる日が訪れることを祈るとともに、今後もプロサッカー選手会とは、スポーツの力で何ができるかを考え続けていきたいと思います。
 
日本プロ野球選手会
会長 嶋 基宏

日本プロサッカー選手会

高橋選手写真

日本プロサッカー選手会、会長の高橋秀人です。
 
このたびの熊本県、大分県を震源とする地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

スポーツには、人を動かす大きな力があると信じています。東日本大震災の時も、ファン、サポーターの皆様、協会、リーグ、国内外の選手が1つとなり大きな支援の輪が生まれました。
 
今回は、競技の枠を超えプロ野球選手会と共同でより大きな支援の輪を作り、1日も早い「復興」をめざし、被災地の子どもたちが安心してスポーツを続けられるような環境を整えたいと思っています。

皆様のお気持ちが、被災地の方々への力強いエールとなり、あたたかい励ましとなります。
継続したご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
 
日本プロサッカー選手会
会長 高橋秀人

集まったお金は、選手会(J100年基金)を通じて熊本県内の自治体へ送られ被災者の援助や復興支援の資金などとして使われるほか、被災された地域や避難された子どもたちが、これまで通り、誰もがいつでもスポーツを楽しむことができる活動資金に使われます。

買って応援! 出品商品一覧 第1弾5月30日(月)~6月5日(日)

チャリティーオークションは
終了しました

プロジェクト実行者

日本プロ野球選手会
日本プロ野球選手会は、日本のプロ野球12球団に所属する日本人選手(一部の外国人選手を含む)が会員となっている団体です。プロ野球選手は選手寿命も短い上に社会保障も不十分であることなどの問題を受け、主にプロ野球選手の地位向上を目的として設立され、1980年に社団法人として法人格を取得した後、1985年には東京都地方労働委員会に労働組合としての認定を受け、労働組合となりました。現在は、一般社団法人日本プロ野球選手会と労働組合日本プロ野球選手会の2つが併存し、選手の地位向上に関する諸問題への取り組みのみならず、全国各地での野球教室や各種チャリティ活動など公益的な活動にも精力的に取り組んでいます。

一般財団法人日本プロ野球選手会(外部サイト)
日本プロサッカー選手会
Jリーグ(J1、J2、J3)に所属する日本人プロサッカー選手(一部の外国人プロサッカー選手を含む)と海外のサッカークラブに所属する日本人プロサッカー選手が会員となっている組織です。1996年4月にプロサッカー選手の立場で活動し発言する組織として、Jリーグ選手協会が設立されました。その後、2010年11月に日本プロサッカー選手会と名称を変更し、Jリーグでプレーする日本人プロサッカー選手だけでなく海外のプロサッカークラブに所属する選手も加入し、日本のプロサッカー選手を代表する組織として生まれ変わりました。日本サッカー界のトッププレイヤーとして、豊かなサッカー文化の普及及び振興に寄与すると共に、プロサッカー選手を目指す子どもたちに大きな夢と希望を与えられるような活動に取り組んでいます。

一般財団法人日本プロサッカー選手会(外部サイト)
寄付先
J100年基金 一般社団法人日本プロサッカー選手会が、2011年5月30日に、東日本大震災被災地の支援や今後起こり得る自然災害に備えるために設立した基金。選手会所属選手からの義援金やチャリティーオークションの売り上げを原資とし、被災地でのサッカー教室などを実施。現在も継続した活動を行っています。